《ringaring》歌詞:by milka Milka mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

ring-a-ring

原曲『厄神様の通り道』

Album『TOHO BOSSA NOVA 3』

arrange,vocal,lyric. milka

むすんでほどいだリボン

風にながれてシングアロング

片隅で回る戀だよ

捨てられちゃったの?

うっすら蔭る水辺の午後

わたし夢みたみたい

きみと一緒の白いドレス

?ほんとはもっと遠いのに?

?こっち向いて?だあれ?知らないわ

逆光透けて眩んでる

冷たいドロップ頬に落ちて

目を開けばはじまる

(この目を見つめるのやめないで

あなたを釣るためにまたたく星を投げこんだわ!

?おはよう、ぜんぶうまくいくさ!?

お願い誠実でいてね、だって孤獨なのよ

名前をよんでよ、何度もね

だれかに愛されたかったの

ずっと忘れてたの

この頬の涙を拭ってくれたひとのこと…*

ハローグッバイって言ってよ

どこにもない庭で再び始めるの

?わたしをどこかで見つけたら教えてね?

お願い笑ってよ、だってあなた泣いてるもの

だれもわたしを呼んでくれなかったの

だからだれかに愛されたかった

そしていま、あなたはわたしのこと…)

*repeat

うっすら蔭る水辺の午後

わたし夢見たみたい

きみと一緒の白いドレス

?とても近くて甘いみたい?

ひっそり浮かぶ記憶の底

わたし目覚めたみたい

つなぐ指の爪のかたち

忘れちゃったの?

うっすら蔭る水辺の午後

名前を呼ばれたみたい

眩む世界の隙間から

戀があふれて はじまる

You may also like...