《紅涙にしづむは供人の憂い》歌詞:by3L mp3歌詞

3L-紅涙にしづむは供人の憂い

M3-28 ShibayanRecords

album:ムソウマテリアルズ

暮れ六つが消えてく 長い影もやがて消えてく

踴る戌(いぬ)の刻に あの人はまだひとり眠る

赤い彼岸の花 揺らしてかわたれまだ気ままに

軋(きし)む愛と情も 跳(は)ねる靴の音にかすれて

消えていく

位置感覚損(そこ)なう朔日(さくじつ)

ニイニイぜみふと戀しくなった

散心(さんしん)してる 欲しがり始める

呼んでみても返りはしないのに

五里霧中(ごりむちゅう)の入口はどこに

ろくろくたるヨイノホシ越えて

糸竹(しちく)も詩もこぼれるほど集め

蓮(はちす)の糸 久遠(きゅうおん)に結んだ

引け四つが響いてうつつの夢醒めて消えてく

長い夜の途中あの人はまだひとり眠る

赤い彼岸の花 揺らしてかわたれまだ気ままに

軋(きし)む愛と情も 跳(は)ねる靴の音にかすれて

消えていく

ひとりごと 觸れて 蜜の ような いつの指で

無境に 泣く 約束 壊れそう

まだ ひとり眠る あの人を 包む見えない繭(まゆ)

ふれてそっと 開いてみてみたい

でもよりそうたび 増えていく 肌と肌の隙間

埋められない いくども重(かさ)ねても

ただむつごとにもどこか似(に)た 甘さと淋しさに

ながされてく 小さな部屋の中

まだやみは深く いくえにも 重なりつらなって

こぼす涙 靜かに溶かしていく

lrc by alyssa