《面影草》歌詞:by 巖崎大介 KENN mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

紅く濡れた時雨 揺らめく鬼火(おにび)

儚げに彷徨って 消えゆくの?

「わかりあえない事象(こと) ばかりじゃないから」と眩いて

海の果て 臨んだのなら—————……..

ひとつに、なれるかな? 髪が馨(かお)り、広がる

君の優しさに包まれた微風(かぜ) 満たされて

その手に誓う呪(まじな)い ふたりを裂こうとも

そっと詰んだ、千の面影草(オモカゲソウ)

託した証を 握り締め—————……….

淺い眠りの中 赦し合えたの? 相容れぬ運命(さだめ)に 囚われて

出會い、別離(わか)れ、生き急ぎ 同じ土に還りたい

ふたりなら 果たせるのかな?

煌めく河の中で 夢が撥(は)ね、散りゆく

どんなに強く想っていたとしても 葉わずに

無數に沈下(しず)む、想い 誰もが、愛せずに

この瞳(め)の中で、咲いた花だけを

守りたい君を 永遠に—————……….

フタリ 鏡ニ 映シ合エバ 最後ノ 別レ—————……….

頬を、伝う 切なさは 胸に秘めた剣だから

この手だけ、離さないでよ

ひとつに、なれるかな? 髪が馨(かお)り、広がる

君の優しさに包まれた微風(かぜ) 満たされて

その手に誓う呪(まじな)い ふたりを裂こうとも

そっと詰んだ、千の面影草(オモカゲソウ)

託した証を 握り締め—————……….

You may also like...